大塚久美子の経歴を詳しく調査!お家騒動になった理由はなぜ?

高級層に対して家具を販売していた有名店、大塚家具。

この家具屋さんが実は今業績不振で、その責任となっているのがこの大塚久美子さんです。

あの誰でも知っている大塚家具の状態を大きく傾けたこの人物が一体何者なのか、とっても気になりますよね。

今回はそんな彼女の経歴や家族構成を詳しく調査してみました。

 

ぜひあなたの目で詳しく確かめていってください。

それでは早速ですが見ていきましょう。

大塚久美子の経歴

・名前 大塚久美子

・年齢 50歳

・出身大学 一橋大学

・家族構成 未婚

 

大塚久美子さんは大塚家具の創始者、大塚勝久さんの長女です。

この方、なんと大学はあの超一流大学、一橋大学を出ていて最初は父親の会社には就職していなかったものの、いろいろあって父親の作った会社に入社しました。

 

そしてここからがこの大塚久美子さんの注目すべきところ。

会社を作った社長さんの娘さんは最初のころは銀行に入社して活躍されていましたが、後に父親の会社に入社されています。そしてそこから20年後にはなんと父親から株主総会で社長の座をもぎ取っているのです。

 

父親の大塚勝久さんもまさか、自分の娘に自分が意図しない形で社長の座を渡すことになるとは思わかったですよね。

 

もともとの業績難に加えて、彼女が大幅に大塚家具の経営を修正してしまい、大塚家具の業績が大きく落ちてしまいました。

今ではニュースやネットに大きく取り上げられる状態にまで事態が大きくなっています。

果たして、ここまで落ちてしまったこの会社は立て直すことができるのか…

彼女の今後の活躍に期待ですね。

お家騒動の理由とは?

さて彼女たちのことを語るうえで欠かせないキーワードがこのお家騒動のことです。

大塚家具と調べると必ずお家騒動というワードが出てきます。

一体何があったのでしょうか?

 

詳しく調べてみると、まず大塚家具は経営方針のことで父親の勝久さんと娘の久美子さんの二人の中で大きく割れていました。

そしてお互いが社長解任を繰り返す中で、結局最終的に父親の勝久さんは新しい会社「匠大塚」を創業し、娘の久美子さんは大塚家具の社長に抜擢される形で収まりました。

 

でもこの選択が最終的に正しかったのかは、今のこの会社の状態を見れば一目瞭然ですね。

理想は二人が協力し合い、最高の大塚家具を築くことなのですが、高級ブランドを目指す勝久さんと中級層の方を相手にしたい久美子さんの中でもどうしても共存することは不可能です。

 

結果、中級層の家具に力を入れた彼女が大塚家具の株価を大きく下げる事態になってしまい、取り返しのつかないことになりかけていますよね。

一体これからどうなってしまうのやら。

彼女たちの今後の選択に大きな注目が集まりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です