ループ電気のデメリットを3分で解説!評判が悪いのはアレが原因?

こんにちは。節約の為ならおにぎり1個でさえ我慢できる管理人の綾瀬です。

 

節約ってとっても大変ですよね。

毎日食費を抑えるために安いスーパーに行ったり、水道代を節約するために食器を洗うのにいちいち水を止めたり…

 

正直そんな生活って辛くないですか?

 

そんな面倒くさがりで節約したいあなたの為に注目されているのがループ電気です。

 

ただループ電気って初めて聞く人も多いですし、どんなサービスなのか不安だと思います。

 

・本当に電気代が安くなるのかな?

・ループ電気は設定するのに面倒くさくないのかな?

・初期費用でかなりお金を持ってかれてしまうのでは?

 

色んなサービスがあるので最初はループ電力が本当にベストな選択肢なのかどうか不安でしょう。

面倒くさかったり、余計な初期費用が掛かったらそれだけで後悔してしまいますよね。

 

そんなあなたの為にまずループ電力を1分以内で説明すると…

 

・契約期間の縛りが無い

・電気代を安くしてくれる

・基本料金が0円で利用する事ができる

・もし安くならなかったとしても解約金が0円

・電気代を計算するツールがとてもシンプルで電気代の目安を計算しやすい

 

というような特徴があります。

 

で正直な所、1か月でどれぐらい電気代が節約できるのか調べてみました。

 

これは人によってまちまちですが大体年間8000円~1万円弱前後節約する事ができます。

 

参考サイト:https://www.tainavi-switch.com/contents/21390/

参考サイト:http://jiyu-denki.com/looop-reputation

 

 

たったの1万でも節約できるのなら大きいですよね。

ただどうせならもっと大きな金額を節約したいと思いませんか?

 

それこそ年間で3万以上も節約する方法があったら良いですよね。

そんなあなたにおすすめしたい方法が家庭の固定回線を変えて節約する方法です。。

 

実はソフトバンクが提供する「ソフトバンクair」というWi-Fiが今圧倒的な通信代の節約方法で注目されているんですよね。

このソフトバンクairの優れているポイントは6つあります。

 

・届いたその日からWi-Fiを使う事ができる

・通信制限が無いのでWi-Fiを使いたい放題

・なのに高速通信で快適にネットを使える

・コンセントに差すだけで使えるので機械音痴でも簡単に使える

・ソフトバンクユーザーがいるのなら一人当たり毎月1000円引き

・毎月の支払いがかなり低価格に抑えら得ながらも初期費用がたったの3000円

 

ご家庭で使いたい放題のWi-Fiに一体どれぐらいの金額を毎月かけていますか?

 

4000円?

5000円?

もしかして6000円近くかけている人なんていませんよね?

 

このソフトバンクairを使えば、毎月の支払いが

 

⇒ソフトバンクユーザーの場合

月々の支払いが最安値で3300円

 

⇒ソフトバンクユーザーでない場合

月々の支払いが最安値で3800円

 

もしあなたが月に4000円の金額を固定回線に使っている場合、

 

4000円-3300円=700円

700円×12か月=年間8400円の節約に。

 

5000円の場合なら1700円×12か月で年間20400円の節約になります。

 

これ以外にもこのサイト経由で契約してくれた人に限り、期間限定で

 

・20000円のキャッシュバックと

・ポケットWi-Fiや固定回線からソフトバンクairの乗り換えにかかる工事代と違約金の全額負担

・友達への紹介で一人当たり1万円のキャッシュバック

 

がついてきます。

 

キャッシュバックと月々の支払いだけでも年間3万円近くは節約できそうですよね。

ぜひ電気代だけでなく、もっと大々的に節約したい方はソフトバンクairも検討してみてください。

 

浮いた30,000円のお金で箱根や熱海に旅行に行ったり、高級な料理店に出かけてみるのも面白いですよ。

参考⇒年間3万円近くの節約に成功させるWi-Fiはこちら

SoftBank Air

 

それでは本題のループ電気のデメリットと評判について見ていきましょう。

ループ電気のデメリットはあってないようなもの?その特徴を詳しく解説!

「ループ電気のデメリットってあるんですか?」

「全くないですよ!むしろおすすめなのでぜひ使ってみてください」

 

そんな無責任な言い方はしません。

もちろんループ電気にもちゃんとしたデメリットはいくつか存在します。

 

ざっと挙げてみるとこれぐらいのデメリットがあります。

 

・家庭によって料金が高くなることがある

・オール電化の家庭には高くなることがある

・支払いがクレジットカード一択なので現金では払えない

・キャンペーンやポイントサービスが一切ない

 

特に気になるのが一番目の項目ですよね。

家庭によって料金が高くなる可能性があるという事。

 

もしこれが本当であれば、サービスの利用を考えなければなりません。

本当なのかどうか詳しく見ていきましょう。

・家庭によって料金が高くなることがある

ループ電気の場合、「基本料金が0円」という特徴があります。

この基本料金が0円というのはどういう意味なのでしょうか?

 

電気代は大きく分けると基本料金+使った電気代で払う金額が決まります。

基本料金とは使わなくても必ず毎月払わなければいけない電気代の事なのです。

 

家を2つ持っている人の場合はこの基本料金が安い方が良いですよね。

 

ループ電気の場合はこの基本料金がゼロですので電気を使わなければ電気代を払わなくても良いわけです。

使った分だけ課金されるシステムですね。

 

しかし、基本料金が安い分使った電気代の単価が少し高くなるのです。

使った電気代の料金は時間数×ワット数で計算されるのですが、人によってはこの電気代の単価がループ電気の方が高くなって毎月払うトータルの電気代が高くなることがあるのです。

 

単価が安い場合は乗り換えない方が良いでしょう。

・オール電化の家庭には高くなることがある

オール電化の場合は契約時の電気代が特別プランになっているんですよね。

特別プランですので通常の家庭よりもあらかじめ料金が低めに設定されています。

 

なので逆にループに変えると割高になる可能性が高いです。

この場合は控えるようにしましょう。

・支払いがクレジットカード一択なので現金では払えない

支払いがクレジットカード一択なのもデメリットの一つですね。

現金で払えない分、クレジットカードを作らなければいけません。

 

例えば特殊な状況下でクレジットカードを作れない人(起業したての自営業の人や高校を卒業したばかりの学生)などはこの面で苦労するのではないでしょうか?

 

現金やコンビニでの支払い、銀行での自動の引き落としがあるととっても便利なのですがここら辺の改善は期待できそうにないですね。

・キャンペーンやポイントサービスが一切ない

キャンペーンやポイントサービスをやっていないのもデメリットの一つです。

 

キャッシュバックや他社からの乗り換えに発生する違約金の負担に応じてくれるととっても乗り換えやすいのですがこれも対応していないので人によっては不便に感じるでしょう。

 

実際にループ電気に変えてみて安くなるかどうかは公式ホームページで確認しなければなりません。

もしあなたの電気代が安くなる場合は試す価値は十分あると思いますが、そうでない場合は無理に使わないでください。

評判が悪いのはアレが原因?裏側を徹底的に暴露!

さてループ電力に対して気になる点があります。

それが評判の悪さです。

 

ループ電力の事を調べると、実は評判があまり良くない声もあるんです。

 

 

サポートや電話の対応がそこまで良いわけではないようですね。

しかしこれに関してはツイッターで調べてみるとわかるのですが少数派の意見でした。

 

ほとんど評判の悪さに対しての口コミは見られず、一生懸命探してもこれだけの口コミしか集まらなかったのでそこまで気にする必要はないでしょうね。

 

それどころか数万円の節約に成功した人たちの声が本当に多かったのです。

 

ただやはり電気代を節約するなら、固定回線もきちんと節約した方が良いですね!

ソフトバンクairなら通信制限もないのに通常の回線よりも年間3万円近く抑えられます。

 

さらにご家族の中にSoftbankユーザーがいるのであれば、一人に付き最大月1000円引きです。

 

ソフトバンクユーザーが一人の場合⇒1000円×12か月で12,000円の節約

ソフトバンクユーザーが二人の場合⇒2000円×12か月で24,000円の節約

ソフトバンクユーザーが三人の場合⇒3000円×12か月で36,000円の節約

 

これにキャッシュバック20,000円が付くので大幅なコストダウンをしたい方はぜひとも試してみてくださいね。

参考⇒年間3万円近くの節約に成功させるWi-Fiはこちら

SoftBank Air

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です