幼児音ってあまり聞きなれない言葉ですよね。

一体どういった症状なのか知らない人も多いのではないでしょうか?

 

今回はこの幼児音とは一体どんな症状なのか調査してみました。

 

ダイヤモンドユカイさんの息子さんに起きているこの病気で一躍注目されているのですが、わかりやすく解説してみたので是非参考にしてみてください。

 

それでは早速ですが見ていきましょう。

スポンサーリンク

幼児音とは一体何?どんな症状なのか調査!

幼児音とは赤ちゃんの時や幼少期に見られる不完全な日本語の事です。

 

例えば、はさみをはたみと言ってみたり

おしゃぶりをおさぶりといってみたり、

 

あるいは助詞が抜けるような言葉も幼児音と言われます。

 

お父さんが帰ってきたを

お父さん帰ってきたといってみるのもちょっとした幼児音と言われるのです。

 

これってなかなか珍しい事なのかなと思うのですが、実はそうでもないんですよね。

クラスに一人ぐらいは日本語がちょっと苦手でサ行が言えなかったり、特定の言葉が発音しにくかったりする人っていますよね。

 

ただ問題なのか程度の差です。

あまりに幼児音が激しいと日常生活に影響を及ぼすので気を付けなければいけませんね。

 

そしてもう一つ問題なのが、治療ができるかという事。

 

何かの訓練で治す事ができるのであれば良いのですが、もし治す事ができないのなら少し心配になりませんか?

次の所では治療方法についても詳しく触れていきます。

スポンサーリンク

治療はできるの?

さて治療方法についてですが、結論から言うと特定の訓練を受けると治る事があるそうです。

復唱訓練でその特定の言葉の発音を訓練し続けると治る子も多いんですよね。

 

ダイヤモンドユカイさんの子供の場合も正しい発音を教えてあげて、きちんと対処すれば治る可能性も高いので心配はないそうです。

 

大人になっても正しい発音ができなければ少し恥ずかしい思いをしてしまうのでこれは本当に良かったかなと感じますね。

まだ治っているわけではないですが、ひとまず安心という感じでしょうか!

 

ダイヤモンドユカイさんも温かい目で見守ってほしいですね。

子供の成長は辛抱強く、そして信じ続けるという事です。

 

そうすれば子供も、大人の期待に応えてくれますからね。

二人の成長と、ダイヤモンドユカイさんの幸せを祈って。

 

そして幼児音が完全に治りますように。

それでは最後まで見ていただきありがとうございました。

スポンサーリンク