世界一のクリスマスツリーを作った糸井重里さん。

今色んな意味で彼が注目されているのですが調べてみると、どうやら過去に逮捕歴があったという噂があるんですよね。

 

これが本当なのかどうか、かなり気になりませんか?

 

そしてもう一つ気になるのが、なぜこんなにも炎上しているのかという点です。

 

あまり今回の事を詳しく知らないのであればなぜ炎上しているのか気になりますよね。

今回はその噂を検証してみたので気になる方は是非参考にしてみてください。

 

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

 糸井重里の経歴

・名前 糸井重里

・年齢 69歳

・生年月日 1948年11月10日

・職業 コピーライター タレント 作詞家

 

糸井重里さんはコピーライターして活躍しているタレントさんです。

一見コピーライターって言われるとあまりなじみのない話ですよね。

 

彼は知人の紹介でコピーライターの宣伝会議という養成学校に通い、そこで実力をつけて「サムシング」というデザイン学校に就職しています。

ですがこの就職したサムシングという会社が途中で倒産してしまうんですよね。

 

その出来事があって、彼はフリーとして活動し、実力をつけていきます。

 

コピーライターとしては色んな賞を受賞するほどの実力を持っているかたなのですが、タレント活動をしたり作詞家としても活動しているのでマルチな才能があるんですよね。

 

最終的には彼は矢沢永吉さんの自伝本を手掛けるほどの実力を身に着けています。

正直これぐらい実力があるのなら、コピーの世界だけで生き残っていけばいいのにな、って思うのですが笑

 糸井重里に逮捕歴があるって本当?

さてそんな糸井さんですが、実は噂の一つに逮捕歴があるみたいなんですよね。

これがどんなことなのか、調べてみると…

 

あるインタビューで彼自身が語っているのが、実は大学生の時に学生運動を激しくしてしまい、その影響によって5回も捕まってしまったようなんです。

 

学生運動で捕まるほど、激しい事をしてしまうってよほどの事ですよね。

それとも当時の風潮では当たり前の事なのかも…

 

いずれにしても、かなりやんちゃな面がある事は否めないですね。

スポンサーリンク

 糸井重里の炎上の理由は?

さてそんな糸井重里さんですが最近かなり炎上しているんですよね。

その理由としては、「世界一のクリスマスツリープロジェクト」が掲げられています。

 

このプロジェクトは阪神淡路大震災の犠牲者の魂を労って作られたものなのですが、金儲けの為にやっているようにしか見えないと批判が殺到しているわけです。

 

人の命をあまりに尊重していないという見方が多くを占め、そしてウェブ上で中止を求める声が2万人以上も集まっているのだとか。

正直これだけ聞くと、糸井さんの行為が確かに金儲けにした見えないですよね。

 

個人的にもすぐに止めるべきかなと思います。

彼の行為がどれだけ多くの反感を買っているか今一度知って、考え直してほしいと思います。

まとめ

以上で今回の記事を終わります。

 

ビジネスをやるにも、こういった声がつきものですがちゃんとやっていい事とやってはいけない事の境目をしっかりとするべきかなと感じます。

 

阪神淡路の事で深く傷ついている人もいるわけですからね。

ちょっと残念な出来事です。

 

もっとモラルのあるイベントが増えますように。

それでは最後まで見ていただきありがとうございました。

スポンサーリンク