気になる事メモ

日常生活の気になった事をシェアしていきたいと思います。

国会議員

藤丸敏の大学はあの有名国立大で凄い!高校も調査してみた!

週刊ポストに最近目をつけられている藤丸敏さん。

色々ルール違反があり、問題行動が目立つみたいですね。

 

「いやもう政治家なんてそんなもんやん」

「気にしたらしゃあないで」

 

そんな声が聞こえてきそうですが、国を代表する身分ゆえ、今一度彼の素性について迫っていくべきだと思います。

彼の経歴や高校、大学に関して深く迫っていくので是非参考にしてもらえたらなと。

 

それでは早速ですが見ていきましょう。

スポンサーリンク

藤丸敏の経歴

・名前 藤丸敏

・年齢 57歳

・生年月日 1960年1月19日

・出身地 福岡県

 

大学を卒業後、いったん中学高校で社会科の講師として勤務。

意外とスタートは教師としてだったんですよね。

 

学校の先生として活動しその後政治家に戻るとなるとあまりそういったイメージはないので斬新です。

ですがやっぱり元々政治家としても思いが強かったのでしょう。

 

最終的には政治家の道を志すようになります。

1996年に衆議院の古賀誠事務所秘書として活動をスタートさせました。

 

その後は10年以上同じ事務所でサポートし続け、2012年12月に衆議院総選挙で当選します。

この時の年齢が52歳ぐらいなので下積み時代なのでだいぶ長かった印象ですね。

 

ですが現在2017年7月では結婚しているにもかかわらず女性と関係を持ったことで週刊誌でスクープされるという状態ですね。

スポンサーリンク

出身高校・大学は?

さて次に出身高校と大学についてです。

 

まず出身高校は福岡県の山門高校出身です。

この高校は偏差値53前後の中堅レベルの学校でそこまで進学校の学校ではないですね。

 

進学先も地元の私立大学がほとんどで著名人も少なく、正直この学校から政治家が出るほどのレベルではない印象です。

内部生の情報によりますと校則が凄い厳しく携帯、スマホを持ってくることを禁止しさらに眉毛やつめ、スカート丈を常にチェックされるぐらいの徹底度ですね。

 

続いて大学情報についてです。

 

大学は東京学芸大学という東京にある国立大学ですね。

彼は社会科の先生だったという事でおそらく学部は教育の社会科でしょう。

 

ここは偏差値60以上もある難関学部でかなり成績が良くない限り受からない大学です。

科目数も7科目以上あり、トータルで8割以上の点数が要求されるので彼の出身高校と比べると相当のレベルの差がありますね。

 

高校時代は相当の努力をしたのではないかなと思います。

 

ちなみに藤丸敏さんの経歴を調べてみると6年間で卒業した可能性があり、おそらく留年や休学を1,2年間してしまった事が推測されます。

大学の途中で古賀誠事務所の秘書を担当していたこともあるのでもしかしたら仕事と学業の両立が出来なかったのか...

 

ただこうして政治家としてしっかりと活動しているのでそれなりにしっかりとした人ではあるようです。

まとめ

以上で今回の記事を終わります。

 

政治家って本当に女性問題で週刊誌に捕まる事が多いですね。

キャバクラで遊んだりとか、結婚しているのに女性と関係を持ってしまったとか。

 

それなりに正義感が強くて政治家を志したとは思うのですがこうやって現状を知らされてしまうと少し悲しくなってしまいます。

 

私生活も仕事でもきっちりとしてもらえるよう頑張ってほしいですね。

現場からは以上です。

スポンサーリンク

-国会議員