気になる事メモ

日常生活の気になった事をシェアしていきたいと思います。

スポーツ

斎藤慎太郎の彼女は超絶美女の..?イケメンすぎる彼のモテ話も!

空前の将棋界ブームで今色んな人の棋士が国民から注目されています。

天才中学生藤井聡太さん、将棋界の重鎮加藤一二三さん。

 

これほどまでに将棋が世間の人から注目されることは本当に珍しい事ですね。

 

今回はその中でもイケメン棋士として女性から支持されている方、斎藤慎太郎さんについて調べてみました。

彼の彼女情報やモテエピソードなんかも紹介していくので是非参考にしてもらえたらなと思います。

 

それでは早速ですが見てきましょう。

スポンサーリンク

斎藤慎太郎の経歴

出典:http://sikensyougi.blog.fc2.com/blog-category-3.html

・斎藤慎太郎

・年齢 24歳

・生年月日 1993年4月21日

・職業 将棋棋士

・出身 奈良県

・プロ入り年 2012年(18歳の時)

 

 

将棋界の天才、羽生善治に関する漫画を読んだことがきっかけで将棋の職業に興味を持ちプロを目指した斎藤さん。

18歳という若さで将棋のプロの世界に昇格し、そこからも順調に勝ち続けている実力の持ち主です。

 

 

現在は「将来の将棋界を背負う若手のホープ」、「西のイケメン王子」として注目されていて、彼のメガネ姿や将棋を指す真剣なまなざしに多くの女性がキュンキュンするほど人気なんですね。

 

ですがその肝心のメガネを付けている理由がものもらいができやすい体質で目の保養の為つけているという理由。

そんな弱点がかえって彼をモテさせてしまう事になっているとは本人も思っても見なかったですよね。

 

ちなみに趣味や特技は料理と音楽。

ここら辺はどこにでもいる男性のような性格のようですね。

彼女は誰?

さて、本題です。

斎藤さんの彼女問題ですね。

 

若くしてかなり将棋の実力もありイケメンのルックスを持っている方。

これだけあればモテない方がおかしいです。

 

では実際斎藤さんの彼女は誰なのでしょうか。

 

これに関してはまだ現段階で熱愛報道のような話は一切出てきていませんね。

これだけメディアに注目されている彼ならだれかと付き合っていたならすぐにバレますが。

 

そういった情報が無いのであればおそらく現在はフリーの可能性が高いです。

しかし実際付き合うとなったらどんな人なのでしょう。

 

過去の先輩たちのお嫁さんたちを参考にしてみると、

 

まず将棋界のトップ、羽生善治さんのお嫁さんは元女優の畠田理恵さんです。

彼女の若い頃は本当にきれいでお人形さんのような顔立ちをしていました。

 

一部の著名人から「ガラスケースに入れて飾っておきたくなるような子だ」と言わしめるぐらいの美貌の持ち主です。

 

続いては将棋界ではないですが囲碁界で美女と付き合っている棋士を見ていきますね。

それが井山裕太さんです。

 

彼は囲碁で7冠を達成するほどの実力の持ち主です。

当然奥さんも奇麗な方で相手は美人女流棋士の室井伊緒さん。

 

出典:naver

 

これらの情報から察するに将棋棋士や囲碁棋士の人たちが結婚したり付き合ったりする人は女優だったり、同業種、同じ系統の職玉の美女さんたちと付き合っているみたいですね。

 

イケメンの棋士としてもう一人注目されている佐々木勇気五段に関しては女子アナの宇垣美里アナからラブコールを送られる事態ですから..

 

そう考えると将来できる彼女は超絶美女の可能性大ですね♪

スポンサーリンク

モテエピソードも

さて最後にこのモテエピソードの話で占めたいと思います。

イケメンといえば大体これですね。

 

大体一つや二つ彼らはモテてきたエピソードを持っています。

そしてそのモテエピソードが割と注目されたり興味を持たれたりするので少し紹介していきますね。

 

 

 

・あまりのイケメン度から西のイケメン王子と雑誌で紹介される

・ネット上で彼の名前「斎藤慎太郎」を略した「さいとしん」と観光という英単語「sight seeing」が似ているため「観光」という風に呼ばれる

・女性ファッション雑誌ananにイケメンすぎて掲載される(過去に掲載されたイケメンは内田篤人選手や長谷部誠選手など)

 

 

これらのほかにもまだまだイケメンエピソードは事欠かないと思いますが、女優や女子アナ、そしてモデルさんからもアプローチされるようなスキャンダルがきっと流れてくるでしょう。

 

女性にあまり注目されないこの将棋界、ぜひともその力で変えていってほしいですね。

まとめ

以上で今回の記事を終わります。

 

将棋という本当に知性が問われる世界で活躍していく事はとっても難しい事です。

色んな壁や大変なことがあるとは思いますがこのまま突き進んでいって将棋界の活性化、そして日本の空気を照らしていってほしいと思います。

 

そしてもっともっとたくさんの人が将棋のイメージを変えていって好きになってもらえうように。

そのために斎藤さんには身を粉にして活躍してもらいましょう。

 

彼の成功を祈って。

それでは現場からは以上です。

スポンサーリンク

-スポーツ