気になる事メモ

日常生活の気になった事をシェアしていきたいと思います。

歌手・曲

uverworldのdecidedの歌詞をフルで!pvの動画や発売日も調査!

UVERworldの新作DICIDEDの曲が披露されましたね。

今回も相変わらずの神曲臭漂う曲になっています。

 

ですが今作の曲は少し聞きにくい曲調なんですよね。

 

ラップの部分と音が少しこもっていてしかも英語も入っているのでちょっと人によっては聞き取れないでしょう。

そんな人の為に正確な歌詞を見つけておきました。

 

というのもこの曲、7月1日にテレビで公開されていてそこで歌詞が載っていたのでかなり正確なものを把握する事が出来たわけです。

今回はその曲の歌詞をシェアしていくので是非参考にしてみてください。

 

それでは早速ですが見ていきましょう。

スポンサーリンク

DICIDEDの歌詞

出典:twitter.com

さぁ お前ら心の導きへ 始めよ今日がそのX-day

黙れ Backseat bring up これは俺の お前の人生じゃねぇ

Go head

 

Tell me about it 落下していく Face This world

全部どうかしている でもひるまねぇ

点と線で繋いだ未来も 毒されたとしても

Tell me about it 叶わぬことだって腐るほどあるだろう

それ数え生きていく事に何の意味もないだろう

 

なら何故今日も未来を信じられているのか

そこに希望感じているからじゃなく

 

愛するって決めたから 愛して

そう信じるって決めたから もう信じていくだけ

僕らが不安感じるべき事は

自分に何ができるか?じゃなく

自分に何が合うか?じゃなく

本当に心が一番選びたいもの選んでいるか?って事だろう

 

Tell me about it 落下していく Face this world

裏切られる でも怯まねぇ

点と線で繋いだ出会いも 毒されたとしても

Tell me about it 何をしたって俺を嫌うやつはいるだろう

それ数え生きていく事に何の意味もないだろう

 

 

数えるべきものは

愛してくれた人と その信じてくれた人たちが居てくれたじゃないか

この思い事愛してくれたなら

 

自分に何ができるか?じゃなく

自分に何があるか?じゃなく

本当に心が一番選びたいものを

選んで行けって事だろう

 

※ここから歌詞の正確性が落ちます

 

さぁお前ら心の導きへ 始めよ今日がそのX-day

黙れ Backseat bring up これは俺の お前の人生じゃねぇ

Go head

 

言わずもがな誰もが自由 表現のリアリティーは

もう本気越え はみ出すぐらいがちょうどいい

なぜ叶わぬと知って なお愛してしまうのか

その本質と真意がいつ分かるまで

 

愛するって決めたなら愛して そう信じるって

決めたならもう信じていくだけ

僕たちにとって大事な事は

向き不向きじゃなくて 運命的じゃなくて

本当に心が一番選びたいものを

選んでるかって事だろう

 

 

さぁ お前ら心の導きへ 始めよ今日がそのX-day

黙れ Backseat bring up これは俺の お前の人生じゃねぇ

Go head

心の導きへ 始めよ今日がそのX-day

黙れ Backseat bring up これは俺の お前の人生じゃねぇ

Go head

 発売日はいつ?

銀魂の映画の主題歌になっているこの新曲、もうすでにラジオやテレビでも公開されているのですが発売日は一体いつなのでしょうか。

 

実はこれに関してはもう正式な情報が出ていて、7月12日に銀魂の映画の公開直前に発表されています。

ただラジオでフルの動画が出ているので実際に聞きたい人やその録画をしている人から見せてもらうと良いですよ。

 

ちなみに7月1日にTHE MUSIC DAY2017でUVERworldのDICIDEDが放送されていたので再放送なんかで見ると彼らの曲がライブバージョンで見る事が出来ますよ。

スポンサーリンク

PVの動画

現在7月1日の時点で公式のPVはまだ作られていません。

しかし銀魂の映画の主題歌になったほどの曲なのでおそらく高い確率でPVが発表されるでしょう。

 

その時はすぐにシェアさせてもらいますのでそれまでしばしお待ちを。

まとめ

以上で今回の記事を終わります。

 

もうすでにアラフォーになりつつあるウーバーのメンバーですが彼らの曲が本当に多くの方の気持ちを支えています。

これからも年齢に負けずどんどん活躍していってほしいですね。

 

TAKUYAのそしてメンバー一人一人の健康と幸せを願って。

それでは現場からは以上です。

スポンサーリンク

-歌手・曲