気になる事メモ

日常生活の気になった事をシェアしていきたいと思います。

漫画

ワンピース最新巻85巻の発売日はいつなの?ネタバレも丁寧に!

今回はワンピースの最新刊の発売日がいつなのか説について検証していきたいと思います。

ジャンプ買っていない組から考えるとこの問題は割と死活問題ですもんね。

 

 

「いつになったら結婚してくれるの」と女性が彼氏にねだると同じように「いつになったら発売されるの」問題を徹底的に調べていこうかなと。

 

 

とこんな変な例えをしているとまた読者さんから「ライターは中卒ですか?」みたいなディスりが飛んできそうで怖いんですけど笑

そんな声に負けずにむしろどんどんそんな声が飛んでくるような若さあふれる記事を書いていきますね。

 

 

それでは早速見てみましょう。

スポンサーリンク

85巻の発売日

ワンピースの発売日はもう決まっているんで早速シェアさせてもらいますね。

 

 

その運命の日は......2017年5月2日です!

もう一度言います、2017年5月2日です!

 

 

「なんで2回言ったん?」ていうね笑

大事な事は2回言うべきだと教わったので。

 

 

これまでのペースで見てみると3か月ぐらいのインターバルで発売されているし、今回も同じ期間なので特に変わりなしですね。

 

 

でもたまに作者の尾田栄一郎さん、休むのでこれが急きょ変わったりしないのか心配ですが。

 ネタバレをわかりやすく

さてざっと内容を振り返りたいという人の為に85巻の内容を振り返ってみましょう。

 

 

注意:ここからはネタバレになるので見たくない人は飛ばしてください!

____________________________________________________

 

 

ルフィとナミが拘束されていたのだけど、ルフィは手がちぎれても良いから無理やり手錠から逃れ、脱出を試みようとする。

そしてそれに対してナミは「やめなさい」と説教。

 

 

対するルフィ、手を引きちぎろうとする。

ナミ、止める。

 

 

無限ループ

いつものルフィとナミは健在です笑

 

 

 

場面は変わって、サンジはプリンに会おうとする。

でも扉はそれを止めようとする「ダメよ!バカン♡今プリンは取り込み中♡」

 

 

それでもプリンに会いたいサンジはベランダから出て窓から渡そうと試みる。

窓からのぞいたプリンが...三つ目のプリンだという事が発覚。

 

以下レイジュとプリンの空間にて

「あはははは、夢見てんじゃないわよ!

 

あのチンピラと私が結婚?するわけないでしょう

 

私はママのお気に入りよ。特に演技力

 

最近はお世話の焼きすぎが疎ましいぐらい

 

ママの頼みで男をだますなんて簡単!麦わらたちも他愛もなかった」

 

 

サンジはプリンに騙されていたことが分かり騒然とします。

 

 

そして場面は変わりルフィとナミの元へジンベエが助けに来ます。

ともうちょっとでルフィが自分の腕を引きちぎろうとしたときにタイミングよく出現笑

 

 

ジンベエはビックマムの傘下に入っているので島に滞在していました。

 

でもルフィがピンチだと聞きつけ謀反を企てます。

かっこよいですね笑

 

 

ここからサンジの所へ話が戻ります。

 

窓からのぞいていたサンジはプリンとレイジュの話を聞きます。

 

 

プリン「明日が楽しみ。(サンジが)信じていた私に銃口が向けられるサンジの顔」

「ねぇどうしたのそっぽ向いて?あんたの弟よ??」

レイジュ「...」

 

 

そしてプリンはレイジュのおでこに手を当てて今の一連の記憶を取り除きます。

これはプリンのメモメモの実の効果ですね。人の記憶を自由自在に変化させる事が出来ます。

 

 

そしてレイジュは記憶をすり替え、意識を失い...

 

 

医務室に運ばれたレイジュの元にサンジがやってきます。

さっき起こった一連の流れをレイジュに説明するわけですね。

 

 

最終的にサンジはすべてを知りルフィの元へ戻ります。

そして二人は仲直りし次の駒へと進むわけですね。

 

 

以上がネタバレの簡単な振り返りです。

スポンサーリンク

最後に

ワンピースの仲間関係、とっても素敵ですよね

こういった関係が現実世界でもあったらいいのに♪

 

 

誰かがYouTuberのトップになるって言って、じゃあ俺は音楽家になるから一緒に住もう、俺はナンパするわ。

みたいな感じで全員が集まっていったら面白いコミュニティーになりそうな気がしますね笑

 

 

そんな生活が出来たら面白いですね。

誰かいたら加えてください笑

 

 

絶対加わります(ブロガーとして笑)

そんな夢を語り合える世界になったらいいですよね。

 

 

まぁちょっと非現実的ですが。

 

 

それでは今日はこの辺で失礼します。

スポンサーリンク

-漫画