気になる事メモ

日常生活の気になった事をシェアしていきたいと思います。

歌手・曲

カサネテクのCMの歌詞を徹底調査!女優や歌詞を書いた人は誰?

2017/04/14

この世で一番嘘が高速で飛び交うドロッドロした世界、そうそれは女性の合コン。

そんなリアルな世界を表したものが今話題になっているCM「カサネテク」

 

 

「こんなん男性が見たら人間不信になるやん」

 

 

というよりもうすでに人間不信になった方多いんじゃないでしょうか。

 

 

僕ももれなく女性が信じられなくなってしまいました笑

 

 

良く住む世界が違うという表現を聞きますがこれ以上にこの表現があるものって無いのではないかなと。

女性がいかに男性とは違う世界で生きているという事がよくわかりましたね。

 

 

まぁとりあえず受け入れましょ、そして受け入れたうえでそれをたのしみましょ笑

男性はやっぱり女性に騙されるのが一番幸せですから。

 

 

 

とそれは置いといて今回気になるのはこのCMに出ていた女優の方とC歌詞についてですね。

一体だれが歌ったのか、そして主演の女優さんは誰なのか見ていきましょう。

 

 

それではレッツゴー。

スポンサーリンク

曲の歌詞について

まず歌詞のショートバージョンについてですね。

衝撃的な内容になっているのでぜひ参考にしてもらえたらなと。

 

 

カサネカサネテク

カサネカサネテク

カサネカサネテク

カサネカサネテク

 

 

SNSで相手を検索

予習は常に抜かりなく

友達チョイスは躊躇なく

キャラ被りは絶対NG

 

 

ゆれるアクセ透けるレース

鎖骨の良く出た白い服

攻める夜なら3つの首出せ

首に手首に足の首

 

 

タイツのデニール30です

アイツのデニール60です

デニール0なら生足よ

 

 

作り笑顔の常習犯

上目遣いは中2でマスター

脇しめ乾杯

グラスはいつも内回り

 

 

左8度は魔法のアングル

可愛さいつもの2割増し

メニュー差し出す

軟骨青筋チラ見せて

 

 

あえて空けとく1メーター

からのマッハでズームイン

リアクション3倍で

できる女の「さしすせそ」

 

 

さ、さすがー

し、しらなかったー

す、すごいー

せ、センスいいですねー

そ、そうなんだー

 

 

‘‘この子は凄く真面目なのレッテル‘‘

貼ってライバル足止め

 

 

小食な子に見られるよう

事前に沢山食べておく

即席パパッと作った人工天然キャラクター

 

 

あの手この手で重ねていつだって

戦略的芸術的それが無敵のテクニック

あのテクこのテク重ねてカサネテク

 

 

したたかあざやか女の豊かなテクニック

 歌詞や歌を書いた人は誰?

さてこの衝撃的な内容を書かれた人は誰なんだという事ですね。

この人に関しては調べた所、仲村千尋さんという方だとわかりました。

 

 

日本のシンガーソングライターの方で熊本県出身の女性です。

 

 


出典:twitter.com

・名前 中村千尋

・年齢28歳

・生年月日 1988年6月15日

・出身 熊本

 

 

アルバムも何枚か出しているようですがそこまで有名な方ではないみたいですね。

歌詞についてはこの人が作ったかどうかは載っていませんでしたね。

 

 

ただ公式ホームページの方にボーカル:中村千尋と書いてあったことを見ると誰か歌詞を書いた人が別にいるのではないかなと。

普通彼女が歌詞も考えていたらボーカル:中村千尋という書き方はしないですもんね。

スポンサーリンク

 主演の女性は?

主演の女優の方は「る鹿」さんですね。

 

出典:twitter.com

 

 

「いや、誰なんこの人」ってな感じですが管理人もよく知りません笑

 

 

なぜなら、この方中国の人なんですよね。

たまたま友達がSNSに乗せた画像がモデルの目に留まり、そこからモデルの仕事で活躍されている方なんですよね。

 

 

ですが謎に包まれた方なので情報はそんなにって感じですね。

わかっている事は24歳で身長が170センチだという事、日本語もしゃべれるという事と東京コレクションに出演された経歴があるという事ですね。

 

 

近いうちに日本で大ブレイクされるかもしれないので要チェックですよ。

最後に

以上で今回の記事を終わります。

 

 

衝撃的な女性の裏側を語ったCM、今まで暴かれることがなかった世界を見事歌で表現されました。

ですがこれを聞いた合コン直前の男性は一体どんな気持ちで参加すればいいのか...

 

 

きっとあなたにとってパンドラの箱になるレベルの話でしょうね。

 

 

女性に生まれなくてよかった笑

 

 

それでは現場からは以上です。

スポンサーリンク

-歌手・曲