気になる事メモ

日常生活の気になった事をシェアしていきたいと思います。

アイドル

「欅坂の詩」がパクった原曲は?ダサい理由と振り付けの意味も!

デビュー曲「サイレントマジョリティー」からもう一年がたちますね。

あの時の曲はYouTube上で5000万回以上も再生され、おそらく日本の邦楽史上最もデビュー曲で再生された曲になったのではないかなと思います。

 

 

そんな快進撃を続ける欅坂ですが新曲「不協和音」のカップリング曲として「欅坂の詩」のMVが配信されたのですがこの曲が実は問題になっているんですよね。

 

 

なぜならこの曲....パ・ク・リ疑惑が浮上しているんです。

 

 

「マジか」

「とうとうやってしまったのか」

「欅坂も終わってしまったな」

 

 

 

そんな声が聞こえてきそうな気がしますが真相はどうなのでしょうか。

今回はそこら辺を徹底調査してみたいと思います。

 

 

それではレッツゴー!

(ちなみに欅の中では最近菅井様が自分の中で来ています、何の話だっていうね)

スポンサーリンク

パクった曲って...


出典youtube.com

SNS上を見てみるとこういう「パクった」というような声は聞こえないのですがネット上を見るとちょっとだけこういう「パクった」という声が聞こえるんですよね。

 

 

で一体何の話なのか調べてみると実はこの曲、欅坂の姉貴分にあたる乃木坂のある曲とかぶっているんですよね。

それが「乃木坂の詩」

 

 

曲名を見れば一目でわかると思いますが名前が激似です笑

 

 

でも実際のこの曲を聞いてみると「欅坂の詩」とは全く違った曲になっています。

乃木坂の方は元気溢れる感じなのですが欅坂の方は爽やかでMVの映像にもきちんと深い意味が込められているわけですから。

 

 

でも作成者や裏方の人は同じ人なんですよね。

運営委員会の人が乃木坂のグループと欅坂のグループで一緒の方が今井義雄さんという方で作曲も秋元さんです。

 

 

関わっている人が一緒なのでパクリなのではないかという声が出てしまうのは仕方ないと思いますが実際に聞けばすぐに違う曲同士なのでよくわかりますよ。

ダサいと言われる理由

さてこの「欅坂の詩」は出だしはかなり好調な感じですよね。

YouTube上でもかなり再生されていますし、曲自体もこれまでの曲とは違った爽やかな曲になっています。

 

 

なんですが、その中で若干少数派の声で「ダサい」という声が聞こえているみたいです。

そんなことないぞと、もう一回見ろよと声を出して言いたいのですが...

 

 

確かにある所がダサいですね。

そうです、曲名です笑

 

 

正式名称は「W-KEYAKIZAKAの詩」なんですが、このWという頭文字と後半のローマ字ですね。

例えば他の曲の「サイレントマジョリティ」や「不協和音」と比べると全然ひねりがないというか違和感ありまくりです笑

 

 

乃木坂の曲でも「インフルエンサー」というインパクトある曲名がつけられているのでそれらと比較してしまうとどうしても...

 

 

ちなみにこの「W」という頭文字は漢字欅とひらがな欅が一緒になっているから「W」欅という意味だと思います。

そしたら「新星けやき坂の歌」とかでも...管理人にもネーミングセンスないですね(お願い、ディスらないで笑)

スポンサーリンク

皆の反応・振り付けの意味

この新曲に対してのみんなの反応に対してですが、大絶賛でしたね。

 

 

例えばMVにおける各メンバーの関係性やこれまでのけやき坂を象徴したような演出ですね。

 

2分17秒のシーンでねるさんがよねさんに引っ張られてメンバーに合流するシーン。

2分48秒の階段で踊るシーンでは後ろの漢字欅が「二人セゾン」の振り付け、前のひらがな欅は「誰よりも高く飛べ」を踊っています。

 

 

3分24秒にはけやき坂のメンバーが高校生だったら今頃...というような演出もされています。

 

 

特に胸熱だったのがねるさんとよねさんの関係性ですね。

 

 

ねるは親から欅に入るのを反対されていました。

でも親から見たら受かるはずないと思っていてとりあえず一次審査は受ける事を許容していたんですね。

 

 

でもまさかの合格してしまい、次の審査に進んでしまいます。

でそこから親に猛反対され、次の審査にはいく事が出来ませんでした。

 

 

その事を運営側に話すともう一度彼女にチャンスを与えて、それをものにし、ねるさんは欅に入る事が出来ました。

ですがこのやり方にメンバーは納得していなかったんですよね。

 

 

その中でもよねさんは自分がねるさんと環境が似ていた為(親の反対と勉強に力を入れている状況)余計にこの特例を納得できずもやもやしていたわけです。

 

 

二人の仲はなかなか良くならずそんな日々がずっと続いていきます。

そんな中、あるイベントで本番直前に楽屋で緊張からねるさんが泣いてしまうわけです。

 

 

そしてその時に背中をさすって「頑張れ」と声をかける人が。

誰なのかわからずその方向に振り返ってみるとよねさん。

 

 

よねさんがスタッフに泣きながら「ねると喋れるようになりました」と報告。

そして二人は仲良くなったわけです。

 

 

こんな背景があって、二人は今ではとっても仲が良く確執も無くなっていったんですよね。

 

 

その言った背景をこのMVに盛り込んだ監督に視聴者から絶賛の嵐。

「裏の背景をしって泣きそうになった」

「心にしみわたる」

 

 

といった話が出てきています。

女の子同士、色々複雑なものがあると思います。

 

 

でも自分の本音を正直に本人に話して、本当の意味で仲良くなれるグループ。

こんなアイドルなんて相違ないですよね。

 

 

このままこのグループが崩れずに突き進んでほしいです。

まとめ

以上でこの記事を終わります。

 

 

MVにここまで深い話が込められているだなんて思っても見なかったですよね。

アイドルという職業柄、親からの反対、周りからの重圧、世間の声。

 

 

いろんなプレッシャーがあると思いますがそれを跳ね返して大きなグループに成長してください。

そして歴代最高のアイドルになる事を目指して突き進んでいきましょう。

 

 

それでは今回はこの辺で。

スポンサーリンク

-アイドル