気になる事メモ

日常生活の気になった事をシェアしていきたいと思います。

スポーツ

wbcで反乱分子のコーチは誰?首脳陣と小久保監督が不仲と噂に!

野球の本場アメリカに接戦まで持ち込んで苦しめた日本。

しかもそのメンバーは主力の何人かが抜けている状態だったにもかかわらずです。

 

 

実際野球のかなめである投手陣において国内の大谷選手だけでなく、ダルビッシュ、田中、前田、岩隈選手とエース中のエースでメジャーのバッター相手に対等以上にわたりあっているメンバーがこぞって抜けていたにも関わらず。

 

 

 

改めて日本の国内レベルの高さを証明できましたね。

さてそんな誇り高い日本ですが少し気になるニュースが飛んできました。

 

 

それが張本さんというプロ野球のOBの選手が「監督のいう事を聞かないコーチがいた」というニュースですね。

何かと問題発言が多い張本さんですがこれは結構問題発言中の発言のような。

 

 

さて今回はその張本さんが言っていたコーチが誰なのか気になるので調べてみましょう。

スポンサーリンク

反乱分子って誰?

さて今回問題になっている反抗していう事を聞かなかったコーチが誰なのか、についてですね。

いったいこれが誰に当てはまるのか探ってみましょう。

 

 

まず日本のコーチ陣を振り返ってみると...

奈良原浩コーチ、権藤博コーチ、村田善則コーチ、稲葉コーチ(元日本ハム)、仁志敏久コーチ、大西宗之コーチですね。

 

 

でこのメンバーを見てみると権藤コーチと稲葉コーチは違うのではないかなと思います。

まず権藤コーチに関しては78歳の超ベテラン投手コーチで実績や指導力の定評さもあります。

 

 

小久保監督自体、打者出身なので投手に関しては権藤コーチに任せきりでしょう。

そして稲葉コーチもとても人柄がよく周りの空気を読みうまく立ち回る性格です。

 

 

テレビのインタビューなんかもやっていてその様子を見れば彼の事を知らない人でも一発で問題を起こすような人ではないとわかると思います。

 

 

では誰なのかな...ってなるんですけど管理人の中では仁志コーチか大西コーチの二人のうちどちらかと衝突していたのかなって感じましたね。

 

 

特に仁志コーチに関しては現役時代、結構「ビックマウス」と呼ばれ、過激な発言が目立っていましたし我を通すタイプのコーチの可能性もあるような...

スポンサーリンク

マイナスイメージがあるけど...

管理人の中で一つ改めて考えたい事が「監督のいう事を聞かないコーチがいた」という問題についてです。

一見これが凄い問題になりそうな気がするんですけど組織の中にそういった監督がいても良いのかなって思うんですよね。

 

 

すべてのいう事に反対して全く協力や理解の姿勢を見せないでいるのであれば問題ですが、こういったテレビやメディアの発言って実際の現場での出来事よりも盛って話されることが多いです。

 

 

もしかしたら監督の考えについて「こうした方が良いのでは」という提案ぐらいで言ったのかもしれません。

そして小久保監督自体、今回の監督が初めての体験だったので色々経験が不足しています。

 

 

その中でコーチ陣が全員Yesマンであったら間違った方向に進んで取り返しのつかないことになってしまいます。

そういった面でも「ここは違うのではないか」と意見が出せる人がいると大きいのではないかなと。

 

 

子育てでなんでも誉めてくれる親と間違っているときは違うと言ってくれる親の元で育った子供、どっちの方が上手く進む事が出来るか一目瞭然ですからね。

まとめ

以上で今回の記事を終わります。

 

 

何が大事かそれを見極めるのって結構難しいと思いますが今回の張本さんの意見に対して「こういった見方もあるんだな」って思ってもらえたら幸いです。

 

 

でも本当に組織を乱して現場をめちゃくちゃにしていたら...全力でごめんなさい笑

 

 

以上管理人の偏屈ブログでした。

スポンサーリンク

-スポーツ