気になる事メモ

日常生活の気になった事をシェアしていきたいと思います。

日常生活

ツイッターのタイムラインのワードミュートの設定とスマホでの方法!

ツイッターの新しい機能が追加されましたね。

画期的なアイディアになるであろうミュート機能。

 

 

これって似たような機能が他にもあるんですよね。

ブロック機能の事なのですがこれが一体ミュートと何が違うのか。

 

 

そして実際にこのミュート機能のやり方についても今回徹底調査していくので是非参考にしていただけたらなと思います。

それでは早速見てみましょう。

スポンサーリンク

ブロック機能との違い

ブロック機能とはツイッターの対象のアカウントを完全にブロックしてしまい、その人がツイートする内容が一切タイムラインに流れなくなり、そして相手は自分のアカウントの一切の情報を読み取る事が出来なくなってしまいます。

 

 

そして一番問題になるのがこのブロックしたという事実が相手に簡単に伝わってしまうという事実です。

 

 

つまり友達で仲が悪いわけではないけどその人のツイートを見たくないという事がありますよね。

そしてブロックしてしまうと相手に伝わり不快な思いをさせてしまうわけなので非常に使い勝手が悪いわけです。

 

 

ですがミュート機能だと相手にミュートしたことが伝わらないわけです。

余計な衝突を抑えながら相手のツイートを自分のタイムラインから遮断できるので非常に便利なものになっているのではないかなと思います。

 

 

このミュートに関しては結構前からあったのですがそこに新しく追加されたものが今回のワードミュートです。

ワードミュートとは特定の単語に対して通知されないようにに設定するシステムの事です。

 

 

例えばアニメや漫画の最終回のネタバレを知りたくない場合や歌手のライブのセトリだったり誹謗中傷のワードが通知され、見れてしまうと困りますよね。

 

 

それを未然に防ぐ事が出来るという訳です。

スポンサーリンク

ミュートの仕方

では実際のミュートの仕方についてですね。

 

 

まずツイッターのアカウントを開いて真ん中下にある通知のベルマークを押します。

そのあとiosの場合は左上の設定マークをandroidの場合は「すべて」というマークを押します。

 

 

そうするとミュートするキーワードというものが出てくるのでそれに登録すると通知を抑える事が出来るという訳です。

あくまで通知を抑えるだけなのでタイムライン上には表示されてしまいます。

 

 

もしタイムライン上でもミュートにしたい場合は現在の所パソコンを使った方法しかないですね。

パソコンでは自身のアイコンをクリックして「設定とプライバシー」をクリック、そうすると左側に「ミュートするキーワード」がでるのでこれでミュートになります。

まとめ

以上で今回の記事を終わります。

 

 

今回のツイッターのワードミュートによって結構使い勝手は変わってきそうですね。

あまりに頻繁に使う言葉をミュートにすると誰も表示されなくなって...

 

 

使いこなすのにはちょっと工夫がいりそうです笑

 

 

それではこの辺で。

スポンサーリンク

-日常生活