気になる事メモ

日常生活の気になった事をシェアしていきたいと思います。

国会議員

安倍晋三首相の2017年辞任の可能性は100%?3月の最新情報!

2017/03/06

アメリカの大統領ってほとんどの人がいっぱいいっぱいまで就任していますよね。

あのオバマ大統領も最初の頃は風当たりが厳しかったと思います。

 

 

なぜならアメリカって割と人種差別がある方ですから、結構風当たりも厳しかったと思います。

にもかかわらずオバマ大統領のような有色人種の人が大統領に当選して最後までやり遂げたのですから凄いですよね。

 

 

トランプは...なんだかんだ言って最後まで残るかもしれません笑

 

 

さて話を戻しまして、日本の首相はどうなのでしょうか。

一番長く続いた印象では小泉純一郎首相が割と印象に残っていると思いますが、他の人はってなると。

 

 

結構な頻度で交代されていますよね。

これって国民が思っている事よりも深刻な事なのかもしれません。

 

 

ですがそんな中安倍首相は1年ぐらいの周期で変わっていた首相を長い間務めて日本を支えている印象です。

やっと日本にもずっと首相として支える事が出来る人材が出来たという事でしょう...と言いたいのですが最近の出来事で割と危ない印象ですよね。

 

 

今日はそんな安倍首相の状況と辞任の可能性について振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク

安倍首相の経歴


出典:twitter.com

・名前 安倍晋三

・年齢 62歳

・大学 成蹊大学

・配偶者 安倍昭恵

 

 

安倍首相の事で一番気になるのはやっぱり学歴なのではないかなと思います。

首相のイメージて東大の印象が強いですよね。

 

 

東大でなくともせめて慶應とか早稲田の大学出身じゃないと!、みたいな雰囲気がやっぱり流れていると思います。

歴代のメンバーを見ても早稲田や東工大、東大など名だたる大学の出身者の印象が強いです。

 

 

そんな中でも学歴というハンデを抱えながら首相に選ばれたという事はそれだけ首相としての適性が人並み以上にあったのでしょう。

 

 

本人もかなり努力したでしょうね。

アメリカほどじゃないにしても学歴社会の影響はありますし、政界の人たちで周りの人を見渡しても早稲田や東大などトップレベルの大学出身者がほとんどでしょうから。

辞任の噂の原因

さてそんな首相が今辞任するのではないかなと言われています。

 

 

その原因を簡単に振り返ってみると森友学園との問題が絡んできているんですね。

 

 

大阪にあるある国有地が8億円以上もの値引きで森友学園に売却されていたわけです。

でその森友学園はこの土地に安倍首相の奥さんを名誉校長にして小学校を建設しようと計画していたわけです。

 

 

これがアッキード事件ですね。

 

 

つまり国有地を安倍首相が自分の権力を使って破格の値段で土地を買って自分の奥さんを校長にさせたのではないかという噂が立っているという事です(あくまでそういう風に言われているだけで事実の信ぴょう性や裏付けは全くありません)

スポンサーリンク

辞任の可能性

この国有地問題が影響で辞任するのではないかなと考えられているわけですね。

ただこれらの事は信憑性に欠けるしたまたまそういった事が重なってしまった訳なのではないかなと。

 

 

なんですが大事な事はここからです。

トランプ大統領の時も当選するときにヒラリー氏の嘘の情報(彼女にとってマイナスになる噂)がネット上に流れて大きく当選結果に影響したのではないかなと思われています。

 

 

情報操作みたいなものですね。

 

 

で結構真実か嘘かは別としてそういった情報が流れるとそれが独り歩きし色んな影響が出てしまうわけです。

そしてその影響によって安倍首相が辞任に追い込まれてしまう事も無くはないのではないかなと。

 

 

何が真実かなんて国民には伝わりにくいですからね。

 

 

この噂によって国民の信頼を失い、そして政界の関係者の支持率も低下し結果的に辞任せざるを得なくなってしまう。

その可能性は100%ではなくともある程度の可能性は十分考えられるのではないかなという事です。

まとめ

以上で今回の記事を終わります。

 

 

国有地問題に関しては色々騒ぎになってしまいました。

自分の奥さんが原因でこういった騒ぎになってしまうとは本人も思っても見なかったでしょう。

 

 

これからどういう風に対応していくのか、そしてどうやってこの逆境を変えていくのか。

せっかくここまで頑張ってきたのに最後はこんな感じで辞任するなんて嫌ですからね。

 

 

まだまだ頑張って日本に貢献してくれなければ!

スポンサーリンク

-国会議員