気になる事メモ

日常生活の気になった事をシェアしていきたいと思います。

漫画

ハンターハンター2017の連載再開はいつ?作者冨樫義博の現在は?

2017/05/27

国民的人気漫画といえばNARUTOやワンピースとともにハンターハンターも並びますよね。

若い世代から中堅層にも知名度があって人気です。

 

 

結構前から連載しているのですがなんどか休みながらちょくちょく連載を続けていてファンから仕事をしてくれとコメントが飛ぶぐらいです。

 

 

普通こんなに休んでしまったら人気も飛んでしまうと思うのですがそれでもこうしてファンが待ってくれているのはそれだけこのマンガが人気と実力を兼ね備えているのでしょうがもうちょっと頑張ってたらワンピース超えていてもおかしくなかったような...

 

 

まあ無理をしない範囲で頑張ってほしいです。

あともうちょっとだけ更新ペースを上げてくれたらなぁと思ったり思わなかったり。

 

 

まぁこの辺で雑談は置いといて今回は2017年現在のハンターハンターの連載状況と作者の状態について見ていきたいと思います。

それでは早速見てみましょう。

スポンサーリンク

ハンターハンターの再開はいつ?

現在Twitter上で連載するする詐欺が浮上しているのですが現在の時点でまだ連載は決まっていませんね。

なぜこんなにも連載が開いてしまっているのか色々言われていますが今一度まとめてみましょう。

 

 

・ゲームが大好きで中毒になっているから

・一人で描いていてアシスタントを付けていないから時間と労力がかかり精神的に疲れて休んでしまう

・お金をめちゃくちゃ稼いでしまい漫画を描かなくても食っていけるためモチベーションが上がらない

 

 

以上の事から連載の再開の時間がかかってしまうと言われています。

連載のタイミングですが特にここ数年の休載率が高く、今年の2017年も現段階ではまだわかっていません。

 

 

なので次の所で作者の状態がどうなのか、本当に生きているのか見ていきましょう。

作者の現在は?

作者の現在について今の2017年の段階で分かっていることを書きますね。

まず一番大事な事なんですが生存確認についてです。

 

 

そしてこれは調べた所生きていることがわかりました(ごめんなさい、真面目にやります)

2016年の10月の段階ではジャンプのこち亀40周年パーティーに参加しています。

 

 

意外とこういったイベントは行くようですね。

 

 

そして2017年の1月には戸川純with Vampilliaのアーティストイラストを描きおろして話題になっていましたね。

この時ファンからちゃんと仕事してくれとかそんなの書く暇があったらハンターハンターを書いてくれ、などの声が届いています。

 

 


こうして絵を見ていただけたらわかると思いますが画力は全然落ちていませんね。

一応腕が落ちないように練習はしているようです。

 

 

これらの事からここ最近はそんなに体調が悪いという訳ではないと言えます。

ではなぜ連載が再開されないのか気になりますが個人的にはFFの影響が大きいかなと思います。

 

 

冨樫先生はFFの大ファンでしかも去年FF15が発売されたのでそれにはまってしまいここ何か月かはかけていないという状態なのでしょう。

 

 

てことはもうそろそろFF15もクリアしていてもおかしくないので再開されるのではないかなと個人的には予想しています。

きっとそうですよね、冨樫先生。

なぜ打ち切りにならないのか

これだけ何回も休載を重ねていてかつ再開したと思ったらまたすぐに休んでしまう。

こんなことをサラリーマンがやったら100回首になっても収まらないですよね。

 

 

しかも休載の理由が体調不良かゲームによる影響のどっちかです。

甲子園常連校の生徒が同じことをやれば間違いなくぶっ飛ばされます笑。

 

 

でも決してハンターハンターは打ち切りになりません。

その理由が実はジャンプにハンターハンターが載ると売り上げが大幅に上がるからなんです。

 

 

しかも単行本がでればそれも飛ぶように売れる。

出版社も実力主義の世界なので勝てば官軍状態なわけです。

 

 

一人だけスター扱いですね笑

まぁそれでもファンが離れずずっと待っていてくれるのはちょっと感慨深いですが。

 

 

しかしこれだけ何度も休載してしまうと内容が忘れてしまいますし、最初の頃の話なんかはほとんど覚えていないですよね。

 

 

でそんな人の為にハンターハンターの全巻をレンタルでしかも送料無料、そしてかなりの低額で2週間借りられるサービスがあるわけです。

 

 

最初の方の内容は忘れたという方も、いや最近の内容すら怪しいんだけどっていう方もぜひ借りられてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

以上で今回の記事を終わります。

 

 

これは本当に噂程度の話なのであまり真に受けないでほしいのですがワンピースの作者の尾田先生がテレビの番組で年収を計算した所33億ぐらいだと話されていました。

 

 

そして2016年に発売されたハンターハンターは33巻が初動売上で65万部をマークしたと話題になったんですね。

単行本だけの売り上げで印税10%で計算したら3000万弱のお金が一気に入ってくる計算です。

 

 

そして33巻以外にも売れていると思うので、2016年の1年間で5000万はくだらない気が。

てことはあんだけ休んでこれだけのお金が入ってくるとなると...

 

 

連載再開の道は遠くなりそうですね。

スポンサーリンク

-漫画