気になる事メモ

日常生活の気になった事をシェアしていきたいと思います。

アイドル

坂道AKBの名前の由来や結成理由を調査!ファンの感想や評判は炎上か?

AKB運営者さんがまたぶっこんできましたね。

AKB、乃木坂、欅坂によるオールスターメンバーを結成したグループ「坂道AKB」

 

 

メンバーに選ばれたアイドルはどれもグループの中でも屈指のルックスを誇っていて明らかに贅沢な顔ぶれになっているのですがファンの中では反対理由が多いですね。

 

 

プロ野球やバスケットでもオールスターなんかは特別に人気があるので秋元康さんも今回の「坂道AKB」はヒットするのではないかなと予想していたと思うのですがここまでファンから反対意見が多いとなるととっても気になります。

 

 

そこで今回はなぜこんなにも反対意見が多いのか、そして結成理由や名前の由来なんかも調査していきたいと思います。

それでは早速見てみましょう。

スポンサーリンク

名前の由来

おそらくAKBや乃木坂、欅坂のファンであればだれでも知っている話だと思いますがあまり知らない人やトレンドで知った人なら割と知らないのではないかなと思います。

 

 

結構常識的な話ですし名前通りの話なので聞いた瞬間納得してもらえると思うのですがまず坂道AKBの坂道というのは乃木坂46と欅坂46の2つのグループの事を指します。

 

 

二つとも坂がついているので坂道グループと言われているしこの2つのグループのファンの人を坂道オタと言ったりします。

それに対し後者のAKBはそのままでAKBの事を指すんですね。

 

 

なので坂道AKBとはAKBグループ(AKB+SKE+NMB+HKT)と坂道グループ(乃木坂+欅坂)の二つが合わさったグループだから坂道AKBという意味なんですね。

 

 

 

ですが少し気になるのはパイオニアであり先輩のAKBを後半に持っていて坂道グループを前半にもっていっているのは何か意味があるのでしょうか。

 

 

普通なら先輩グルプのAKBを前半に持ってくるような気がしますし、単にゴロが良かったからという理由だけなのか...

結成理由

なぜこのタイミングでAKBと坂道グループが合体したのか気になりますね。

単なる話題集めなのかそれとも何か特別な理由があるのか。

 

 

ここでなぜこのタイミングでこのグループが結成したのかその仮説をいくつか見てみましょう。

 

 

・今回47thシングルという事でAKBは48、坂道は46なので二つが合わさった時の真ん中の数字が47だから筋が通る。

 

・全盛期の前田敦子さん、大島優子さんがいたころのAKBと比べ若干落ちているAKBと今飛ぶ鳥を落とす勢いで人気をあげている坂道グループの二つを合わせてよりお互いがお互いを意識して切磋琢磨して全体の底上げを図る。

 

・AKBの名前は知っているけど坂道グループの名前は知らないという人に合体して露出する機会を増やし、ファンの数を増やす。

 

 

管理人の中ではこの3つの考えが思いつきましたね。

おそらくこれらのうちどれかが当てはまっているか、あるいは全部が当てはまっているかもしれません。

 

 

いずれにしても運営者のみが知る事だとは思いますが正式に発表してほしいですね。

スポンサーリンク

ファンの感想

今回の坂道AKBについては反対意見が多かったですね。

 

その中でも印象的だったのが路線が違うAKBグループと坂道グループを一緒にするべきでないとか公式ライバルの乃木坂をAKBと一緒にするのは違うのではないかという意見が多いです。

 

他の理由としては自分の推しメンが入っていなかったことに対してそれを納得できず反対したという意見もあると思います。

 

 

今回の坂道AKBについてTwitterでフォロワーが多い人が賛成が反対かアンケートを取ったら8割以上の人が反対していました。

 

 

 

ですが管理人としては正直1回ぐらいは見てみたいかなと思います。

 

 

反対意見も凄くわかるし批判をするのは理解できるのですがやっぱりAKBと坂道のオールスターとなると凄すぎですからね。

ファンの人でも嫌いとなっても試しにどんな感じなのか見てみたい人も多いではないかなと思います。

まとめ

以上で今回の記事を終わります。

 

 

ずっと前のアイドルとなると本当にビジュアル重視の人だけな印象が多かったのですが今のアイドルって芸人並みに面白かったり多芸に秀でたりとアイドルに全然興味がない女性や年配の男性でも面白いと思えるようなレベルにまで進化しています。

 

 

そしてその中心にいるのが間違いなくこのAKBと坂道グループです。

 

 

今回の事がどのように影響を及ぼすかわからないですがこんなことができるのはこのグループだけなのでぜひ頑張ってほしいですね。

 

 

色々賛否両論が多いですが応援しています。

 

 

それではこの辺で失礼します。

スポンサーリンク

-アイドル