気になる事メモ

日常生活の気になった事をシェアしていきたいと思います。

日常生活

花粉症2017はいつから来るか徹底解説!子供が飲む副作用のない薬は?

ついにやってきましたね。

魔の季節の2月。

 

 

花粉症もちの人にはインフルエンザよりもつらいのではないかなと思います。

会社も休めないし学校も休めない。

 

 

本人にとってはインフルエンザよりもきついのに花粉症で休もうなら白い目で見られてしまいます。

そんな事態を解決するためには対策をしっかりとしなければなりません。

 

 

そこで今回はそんな人のための正しい知識を提供していきたいと思います。

花粉はいつから来るのか、そして子供が飲んでも安全な薬はどれなのかしっかりと話していきたいと思います。

 

 

それではさっそく見てみましょう。

スポンサーリンク

花粉の飛散時期

花粉というのはその元凶であるスギ花粉やヒノキ花粉、ブタクサ花粉によって若干違います。

飛散のタイミングも違いますし症状も違うわけです。

 

 

特にスギ花粉の場合、花粉症の有名な症状である鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみに加え咳や肌のかゆみも引き出すなど地獄のフルコースなわけです。

 

 

しかも女性の場合メイクが崩れたり花が真っ赤になったりなどもうそれは黒歴史になるといっても過言ではないほど大変なわけですね。

 

なのでしっかりと飛翔のタイミングを知って対策をしときましょう。

 

 

まず有名なスギ花粉から見てみると、北海道付近では少量の量が3月から出てくるのですが東北、関東、東海、関西、九州エリアだと2月から一気にピークに達します。

 

 

とてつもない量の花粉が来るので気を付けないといけません。

 

 

続いてヒノキ花粉は北海道の場合4月の中盤ぐらいから6月にかけて飛んできますが、東北は3月から徐々にきて4月にピークを迎えます。ですが関東では1月から来て3月、4月にピークになり5月以降は少量になります。

 

東北の場合は3月から来て4月にピークになり関西の場合は1月から来て4月でピークに、九州は3月からいきなりピークの状態できて5月まで続くという状態ですね。

 

 

この二つがメインでブタクサ花粉は夏以降にしか来ないので特に気を付けなくても大丈夫でしょう。

場所によっても結構変わってくるのが花粉の粉なのでそこらへんを抑えとくと便利です。

対策アレコレ

花粉症の対策なのですが基本的にはマスクとメガネを付けて最大限予防するのが効果的です。

他にも外に出た時に家に入る前に服などをはたいて花粉を家の中に持ち込まないようにするのも大切な事です。

 

 

ですがこれはなる前の段階ですね。

もうなってしまった時の対策は薬をもらうというのが一般的です。

 

 

市販で売っているのもあるのですがそれよりもきちんと病院に行くのが効果的です。

自分も重度の花粉症なのですが病院で診察してから薬をもらったらびっくりするほど効いてすぐに花粉症が治りました。

 

 

後は市販の薬でも売っているのですが個人差があって万人にオススメはできないかもしれません。

どうしても薬は体質があって効く人と効かない人にわかれてしまうので。

 

 

それでもほしい人の為に紹介するとメジャーなものではアレグラですね。

ドラッグストアでも売っているので試してみると良いかもしれません。

スポンサーリンク

子供が飲んでも安全な薬

まず前提として病院で売っている薬というのはどれも効果の薄い物しか売っていません。

効果が薄いという事は危険性も低いわけです。

 

 

というよりも子供が飲んで危険な薬は市販で売れないですからね笑

睡眠薬でも病院で扱っているものとドラッグストアで扱っているものの効果はかなり違います。

 

 

なので子供だからという理由では特に気にしなくても大丈夫です。

それでも心配ならドラックストアで薬剤師に相談するかあるいは病院に行ってきちんと医者の対応の下で薬をもらうのが子供にとって一番安全です。

まとめ

以上で今回の記事を終わります。

 

 

これからどんどん花粉が飛んでくるのでなるべく早めに対策をすることを忘れないでくださいね。

どうしても薬を変えなと以人はマスクだけでもかなり違うのでぜひ使ってほしいですね。

 

 

それではこの辺で失礼します。

スポンサーリンク

-日常生活