気になる事メモ

日常生活の気になった事をシェアしていきたいと思います。

ゲーム

青鬼2のレベル(Lv)やHPの意味や上げ方を調べてみた!

青鬼をプレーしていると気になる事がいくつかあります。

青鬼の正体や仲間を全員救出する方法などがあるのか...

 

 

他にも気になる事がいくつかあるのですがその中で毎回この青鬼で一番気になる事があるんですよね。

それがメニュー欄から見れるキャラクターのステータスの所です。

 

 

ここにLvやHPなどが載っているのですがいくら物語を進めても全然変化しないんですよね。

いや普通のRPGゲームだったら(青鬼は一応RPGゲームというくくり)終盤ぐらいまでくればかなりいいとこのレベルまで行きますよね。

 

 

なのに終盤まで進めても微動だにしない。

こんなの暴動が起きるレベルですもんね笑

 

 

なので今回はこの青鬼永遠のテーマ、レベルやHPの上げ方があるのか見ていきましょう。

これをみた暁にはとうもろこしを食べて歯に詰まっていたものが取れたときの解放感並みにすっきりします。

 

 

それでは早速行ってみましょう。

スポンサーリンク

レベルの上げ方は?

一番最初からわりと気になっていた、このレベルっていうシステム。

RPGゲームなら必須の要素ですもんね。

 

 

でこのレベルっている要素どうやったら上がるのか色々試作してみたんですよね。

 

もしかしたら歩数に関係あるのではないかなって思い無駄に多く歩いてみたんですけど...

びくともしない

 

 

いや、もしかしたらプレイ時間かなと思ってセーブしないで放置していたんですけど...

ピクリともしない。

 

そしてたたきつけられるレベル1という現実。

 

 

あれじゃない、ストーリーを最後まで進めていけば大丈夫でしょ。

→クリアしてもそこにあるのはレベル1という文字。

 

このiPad地面にたたきつけようかな笑

 

 

ここで管理人は気づきました。

こうやってレベルがいつ上がるのかわからない→やり続けたらいつか上がるんじゃない→結果普通よりも長くプレーしてしまうというゲーム会社の思惑に見事はまっているのでは...

 

 

やりやがったな、UUUM。

と思ったバカはおそらく管理人だけしょう笑

 

 

というか皆さんのうすうす気づいていますよね、このレベルの意味が...

それでは次行ってみましょう。

レベルに意味があるの?

結局レベルって意味あるんでしょうかって話なんですが、実は全く意味がないみたいなんです。

 

 

じゃあなんでそんなものを設定してあるんだよって感じなんですが。

どうやら昔このゲームを作った時に「RPGツクールXP」という市販のソフトを使って作ったようなんですね。

 

 

たぶん素人の方でも簡単に作れるような設定になっているのだと思いますが、その分何かいらない設定なんかは簡単に消せないのかもしれませんね。

 

 

どういうことかというとプログラミングとかある程度かじっていれば、すこしいじっただけで自由に動かせるのかもしれませんが、この「青鬼」の作者はそういった知識がなかった。

現にこのゲーム自体もそんなに複雑なものはなく簡単な設定です。

 

 

より複雑なものを作ろうとすれば複雑な知識が必要になってくるでしょうからね。

でこのソフトにはあらかじめ、レベルとかHPとかRPGゲームには欠かせない要素が初期設定の段階で設定されていて、その設定の消し方がわからず作ったゲームがここまで有名になってしまった。

 

 

で今更その設定を変えるのもなんだからずっと残しているのだと思います。

 

 

なんで要するにお飾りでつけているだけでしょう。

なんでこの先も、何度歩こうが、いくらゲームを進めようが管理人みたいにiPadを地面に叩きつけようが上がる事はないと思います。

 

 

そして音が聞こえなくなる状態で青鬼をプレーするというとんでもない難易度にすることもないので地面には叩きつけないでおきましょうね笑

スポンサーリンク

 課金で何かできるの?

最後に「青鬼2」で課金ができるんですけど、これで一体何ができるのか気になったんですよね。

 

 

まさかレベルが上がる...なわけないですよね。

一つ目は課金することによって3倍速モードや5倍速モードでプレーできるようになる事です。

 

 

実はこのゲームにはクリア時間によってランキングに反映されるようになっているんです。

このクリア時間を最小限に抑える為に必須なのは倍速モードなんですよね。

 

 

ただしこれは上級者モードなので素人の方がやると...僕みたいに地面に叩きつけたい衝動に駆られるので慣れてからにしましょう。

 

 

もうひとつあるのは他のキャラクターが解禁された時に、それをプレーするのにもしかしたら課金をしなければいけない可能性が出てくるのではないかなって事。

 

 

全部が無料でプレーできるとは限りませんしね。

まとめ

以上で今回の記事を終わりたいと思います。

 

このレベルという設定が気になっていた人も多かったのかと思ったのでシェアしてみたかったんです。

 

 

作成者もまさかここまで大きなゲームになるとは思っていなかったんでしょうけど、そろそろ消してもいいんじゃないかなって気がします。

 

 

それか歩数によってレベルが上がって鬼から逃げるスピードが上がる、でも進めるたびに鬼のスピードが速くなっていく、みたいな設定があっても面白いかもしれないですよね。

 

 

まぁ、最後の方なんかは激ムズになってしまうのであまりよくないのかもしれませんが笑

 

 

それではこの辺で。

スポンサーリンク

-ゲーム