気になる事メモ

日常生活の気になった事をシェアしていきたいと思います。

芸能人・役者

パーフェクトビジネスアイドルの意味を簡単に!香取慎吾との関係は?

人間として一番つらいのって喜怒哀楽を自由に表現しちゃいけない事なんじゃないかなって思うんですよね。

でそんな仕事って結構少ないです。

 

 

例えば学校の先生なんかも一般的にはそういった部類に入るって言われるかもしれないですけど。

全然そんなことないかなって。

 

 

保護者のクレームとか理不尽でも感情的になってはいけないのですが、結構生徒とかは理不尽な理由で怒られたりしますもんね。

 

 

まぁ先生たちも人間なんで仕方ないって思うんですけど、これが芸能人とかになると全然話しが変わっきてしまって。

ファンの前では当たり前に笑顔で対応しなきゃいけないし、嫌いな人がいてもそれを公に言ってしまうとすぐに噂になってしまう。

 

 

一見華やかな世界に見えますけど彼らの世界って本当に大変なんだなと思います。

 

 

とまぁ前ふりが長くなってしまったので早速本題に入りましょう。

今回はパーフェクトビジネスアイドルについてです。

スポンサーリンク

パーフェクトビジネスアイドルとは?

パーフェクトビジネスアイドルって具体的にこうとは言われていないんですよね。

というのも元々は香取慎吾さんが自分の自己紹介の時に使っていた言葉なんだそうです。

 

 

でそれを管理人なりに解釈してみると、

 

テレビの前で本性を出さずひたすら自分の感情を押し殺してファンや視聴者、大人が望む理想の人間像を演じる事、なのかな。

 

 

どんなに気分が悪い時でもどんなに機嫌が悪い時でも、テレビの前では一切それを表現しない。

 

 

だってもし自分が露骨に嫌な態度を取れば、それがすぐに噂されてしまいますし、ネットや雑誌に拡散されてしまうから。

あるいは大人との接触でその方が上手く事が進むから。

 

 

なかにはそれでも表現している人もいますが心の繊細な人にはなかなかそれができないんですよね。

 

 

自分の感情を押し殺すようにする→結果それが癖になる→自分の中に理想としてこうあるべきだっていう「こう」ってのが固まっていく→それを演じていきもう一つの自分が出来上がる→それが仕事として使うもう一つの人格、パーフェクトビジネスアイドル

 

自分の感情を押し殺す方がネットや雑誌に拡散されるより、そして芸能界で余計な衝突をするより楽だっていう感じです。

管理人もわかります、この気持ち。

 

 

怒るっている自分の感情を抑えた方が余計な事が起きなくて済むから。

香取慎吾がそういわれる理由は?

香取慎吾さんは自分で自分の事をそういう風に言っています。

 

 

なんでこうなってしまったかというと香取さんは小学生の頃からSMAPとして活動していました。

つまり小学生の頃から芸能界という大人の世界を見てきたんです。

 

 

その過程で学校に行ってれば常に注目され、そして芸能界ではこういう風に振舞わなければいけないと大人や、そしてアイドルっていう空気感で、まだ人格ができ上っていない段階で経験していきました。

 

 

次第に自分がどうしたいかっていう事よりもアイドルとしてふるまうにはどうするのが「理想」っていうのが出てきます。

常にその理想を演じて、しかもまだ小学生の段階で。

 

 

そうして出来上がったのがパーフェクトビジネスアイドル、香取慎吾さんなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

本当の自分の出すには?

実はこれ意外と身近にもあるような気がするんですよね。

よく言われているのは、医者やスポーツ選手にさせるために子供に努力させている親とか。

 

 

子供に理想の人生を歩ませる為に親が子供の本音を無視してひたすら勉強だったり、スポーツをさせている事。

で子供も親に嫌われたくないから親の理想の子供像を演じる。

 

 

結果無気力や思考停止人間になって、何のためにそれをしているかって言われたら親がやれっているから、というコメントがかえって来たり。

 

 

ちょっと前に有名になった「ビリギャル」もそうですよね。

ビリギャルの主人公の弟さんも親がプロ野球選手にさせたくて毎日練習させていたそうなんです。

 

 

でも次第にそのプロという壁に挫折し、自暴自棄になった。

最初は無気力になってしまったのですがそれでもそんな自分を受け入れてくれる彼女を見つけ、次第にいい方向に変わっていったようなんです。

 

 

本当の自分を受け入れてくれる相手を見つける。

どんな自分も受け入れてくれる相手を。

 

 

それは無条件の愛で、親が本来生まれたばかりの子供に与えるものと一緒です。

生まれて言葉をしゃべれない赤ちゃんに見返りを求めてご飯を食べさせたり、体を洗ったりしませんよね。

 

 

そんな環境でずっと成長した子供は自分のやりたいことを追求していき勝手に成長していきます。

そんな相手や環境が大切なんじゃないかなって思いますね。

まとめ

以上で今回の記事を終わります。

香取さんはSMAPとしての活動はもう終わってしまったのですがこれから本当の人生を歩んで頑張ってほしいです。

 

 

いつかどんな自分でも受け入れてくれる女性が現れる事を願って...

そうすればまた香取さんも本当の意味で笑ったり泣いたりして、パーフェクトビジネスアイドルとしての自分を卒業できるのではないかなと。

 

 

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク

-芸能人・役者